債務整理とは?メリットとデメリット
長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング
HOME ≫ 債務整理とは?メリットとデメリット

債務整理とは?メリットとデメリット

借金問題で、解決を望むならやはり債務整理になります。

債務整理には、色々な方法がありそれを自分で決めるには難しいと考えるなら無料法律相談に行くと教えてもらえます。

まず弁護士に依頼をすると、過払い金がないかの確認をしていきます。

過払い金が請求できるときは、それを行うと同時にそのお金を返済分にしていきます。

そこから、個人再生である債務整理に入ります。

任意整理とは

その方法とは、まず住宅ローンなどを抱えて、自宅だけは残したと考えるなら任意整理になります。

これは、債権者との話し合いで借金の減額に応じてもらうことです。

通常の任意整理は、弁護士を間に入れて一社ごとに和解案をだしていきます。

任意整理のメリットは、資産である自宅は残せることです。

そして、任意整理により借金の減額ができ通常は返済期間も3年となります。

弁護士を通すことで任意整理はしていきます。

この場合は、裁判所に行く必要はありません。

個人再生での自己破産とは

次に、個人再生での自己破産の場合は、借金の額が本人の年収を超えていること、そして3年以内での返済が不可能であることが条件になります。

自己破産すると、個人の資産は全て返済に充てられるます。

そのために、車などの資産は売却して返済するように弁護士に指導されます。

ただ、個人再生の自己破産は裁判所が破産者と認可すると同時に免責がされ、借金はなくなります。

事実上は、借金返済の義務からは開放されることになります。

個人再生のデメリット

個人再生のデメリット

この債務整理の個人再生のデメリットは当然あります。

まずクレジットカードやキャッシングは、利用することが出来なくなります。

スマートフォンを持つことはできますが、本体価格は分割ができないので一括のみになります。

しかし、自分名義ではなく配偶者の名義にすればスマートフォンの分割払いは可能です。

また、クレジットカードも配偶者名義の家族カードなら使用をすることができます。

この債務整理などの一番のデメリットは、将来自宅を購入するときにほとんどの場合銀行ローンが組めないことです。

破産したという自分の信用情報は、クレジットカードなら5年~7年くらいで消えますが、銀行には半永久的に残ることになります。

確かに、債務整理をすると借金の解決はできます。

ただ、そのデメリットはとても大きくなる場合もあり得ます。

そのメリットとデメリットを、よく考えて将来も見据えて、借金問題の解決をすることが大事です。

一度、付いた信用情報は消えることはありません。

債務整理のタイプ別事例

債務整理のタイプ別事例

任意整理・個人再生・自己破産の具体的な事例を解説しています。

→ 債務整理のタイプ別事例

債務整理後にクレジットカードは作れる?

債務整理後にクレジットカードは作れる?

債務整理後のクレジットカード審査基準や完済後、何年経てからクレジットカードを取得できるかまとめています。

→ 債務整理後にクレジットカードは作れる?

誰にもバレずに内緒で債務整理はできる?

誰にもバレずに内緒で債務整理はできる?

会社やご家族に知られることなく、債務整理できる方法を説明しています。

→ 誰にもバレずに内緒で債務整理はできる?

債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?

債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?

債務整理後の住宅、学資、車のローンはいつから組めるのかお伝えします。

→ 債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?

債務整理しても連帯保証人になれる?

債務整理しても連帯保証人になれる?

賃貸契約や住宅ローンを組む際に必要となる連帯保証人に債務整理後なれるのか解説しています。

→ 債務整理しても連帯保証人になれる?

債務整理の手続きの流れと費用

債務整理の手続きの流れと費用

債務整理の手続きの流れと費用。また、大まかな費用をまとめています。

→ 債務整理の手続きの流れと費用

 
2015(C)長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング All rights reserved.