債務整理後にクレジットカードは作れる?
長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング
HOME債務整理とは?メリットとデメリット ≫ 債務整理後にクレジットカードは作れる?

債務整理後にクレジットカードは作れる?

こちらのページは債務整理後にクレジットカードは作れるかについて解説しています。

債務整理を行うとクレジットカードが作れなくなると言われていますが、これは一時的なものであり、永久的に作れないということはありません。

しかし、短期間で作れるようになることもありません。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、清算によって残高が0になった過払い金返還請求以外の方法では個人信用情報機関に記録が残ります。

これには保持期間があり、短いものでは5年、長いものでは10年間残ります。

完済後、最短で何年後にクレジットカードは作れるのか?

完済後、最短で何年後にクレジットカードは作れるのか?

クレジットカードに申し込むと審査で個人信用情報機関の記録を参照するため、債務整理を行ったことが分かると審査にはほぼ通らなくなります。

自己破産では免責が認められればすぐに債務の返済義務がなくなりますが、それ以外の方法では原則として3年間で減額した債務を返済しなければなりません。

そのため、債務整理後に完済してから早くても2年間、長い場合は7年間はクレジットカードを作れません。

また、カード会社でも債務整理の記録は残しているため、個人信用情報機関の記録が消えても整理を行った会社を利用することはできないと考えた方が良いです。

稀に個人信用情報機関の記録が残っている状態でもクレジットカードを作れることがあります。

これについては何を基準としているのか明確ではなく、カード会社の判断次第になります。

個人信用情報機関の記録が消えた直後は審査に落ちやすいため注意が必要

個人信用情報機関には債務整理の情報だけでなく、カードのショッピングやキャッシングの利用など、様々な情報が記録されます。

これらの記録も保持期間があるため、時間の経過によって記録がなくなります。

債務整理によって5年から10年間、利用できない状態が続いた場合、利用した形跡が全くない状態になります。

基準の厳しいカード会社では、この状態になっているだけでシステムが落としてしまい、利用できないことがあります。

個人信用情報機関の記録が消えた直後は審査に落ちやすいため注意が必要

個人信用情報機関から債務整理の情報が消えたのに審査に落ちてしまう場合には、カードを作りやすい会社に申し込み、支払いの遅延を起こさずに利用を続け、何も記録がない状態を解消させなければなりません。

記録が残っている状態でどうしてもクレジットカードを使いたい場合、似た使い方ができるデビットカードを利用します。

これは代金を銀行口座から即時引き落としするものなので返済できなくなる危険性がなく、債務整理後でも作れます。

ただし、キャッシングはできません。また、家族にクレジットカードの家族カードを発行してもらうこともできます。家族カードは本会員の信用情報を見るため、家族カードの利用者が債務整理していても影響しません。

 
2015(C)長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング All rights reserved.