債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?
長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング
HOME債務整理とは?メリットとデメリット ≫ 債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?

債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?

こちらのページは債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるかについて解説しています。

債務整理後に住宅、学資ローンはいつから組めるの?

債務整理をした後に、新たにお金を借りるのは難しいというのが一般論です。

なぜそうなるのかというと、信用情報機関に登録されるからです。

信用情報機関に登録されると、その情報がある限り新たなローンを組むことはできません。

いつから組めるのかという疑問に対して結論的に言えば、信用情報機関の情報が消去されてからです。

どれくらいの期間が経つと信用情報機関の情報は消去されるの?

では、具体的にはどれくらいの期間にわたって情報は登録されたままになるのでしょうか。

これは信用情報機関によって若干の違いがあります。

ある信用機関では、「5年を超えない期間」となっています。

つまり、5年間は登録されたままになります。

ですから、債務整理をした後に5年経てば新たにローンを組むことができるでしょう。

5年を超えない期間となっていますから4年かも知れませんし3年かも知れないという期待を持つべきではなくて、だいたい5年以内と考えておいた方が良いです。

債務整理後、最低でも5年間はローンが組めないと考えた方が良い理由

債務整理後、最低でも5年間はローンが組めないと考えた方が良い理由

登録されていたことが分かっても審査に通す金融機関があるかも知れないという期待はしないほうが良いです。

大抵は審査に落とされます。また、ローンの種類には関係なく落とされると考えておくべきです。

フラット35などの住宅ローンや教育ローン、車ローンなど、お金を借りるサービスは基本的に5年間は利用できないと考えておいた方が良いです。

ただ、これは信用情報機関の情報に関することですから、金融機関の情報や保証会社の情報は別です。

ある銀行で借りて債務整理をすれば、おそらくその情報はその金融機関から消去されることはないでしょうから、5年経ってもその銀行からは借りられないと考えておいた方が良いです。

また、保証会社を利用している場合、その保証会社を利用する金融機関からは借りられないと考えておいた方が良いです。

たとえば銀行のカードローンの場合、保証会社を利用していることが多いです。

ある銀行が保証会社を利用していて、その銀行の借り入れに対して債務整理を行った場合、5年後に別の銀行で借りようと思っても、その銀行が同じ保証会社を利用していればやはり審査に落とされる可能性が高くなります。

債務整理をして5年経てばローンを組めると言われることが多いですが、いつからというのは5年に限らないと言うことは頭に入れておかなければなりません。

5年後にローンを組めるようにするためには、金融機関のグループや、利用している保証会社についても把握しておくことが必要です。

これを調べていけば、どこで組めるのか分かるはずです。

 
2015(C)長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング All rights reserved.