債務整理しても連帯保証人になれる?
長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング
HOME債務整理とは?メリットとデメリット ≫ 債務整理しても連帯保証人になれる?

債務整理しても連帯保証人になれる?

こちらのページは債務整理しても連帯保証人になれるかについて解説しています。

債務整理しても連帯保証人になれる?

連帯保証人というのは主債務者と同じだけの返済義務を負うことになっています。

そのため、信用がない人は連帯保証人になれません。

債務整理をしてブラックリストに載っている人というのは、信用がほぼないのと同じですので、まず無理でしょう。

債務整理をしていても、ブラックリストから情報が消えていれば、連帯保証人になれます。

ブラックリストから情報が消えるまでの期間とは

ブラックリストから情報が消えるまでの期間とは

以下ではブラックリストに情報が残る期間について解説します。

ブラックとは、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に「異動」の情報が登録された状態のことを言います。

どんなときに「異動」が登録されるのかというと、クレジットカードやローンの支払いの延滞が3ヶ月以上続いたとき、代位弁済がされたとき、債務整理を行なった場合などです。

そして「異動」情報が残る期間については個人信用情報機関によって異なります。

CIC、JICCでは、金融事故情報は完済からおよそ5年間情報が残ります。

ところが全国銀行個人信用情報センター(KSC)では、官報情報以外の金融事故(延滞・代位弁済・任意整理など)については完済からおよそ5年間情報が残りますが、自己破産や民事再生などの官報情報については、当該決定日から10年間情報が残ります。銀行は原則としてKSCに加盟しています。

そのため、自己破産・民事再生をした場合は10年間は住宅ローンの連帯保証人にはなれません。

債務整理の仕方によってブラックの期間が変わります

債務整理でも、任意整理をしたか、自己破産・民事再生をしたかによってブラックの期間は違ってきます。

以上から、債務整理をしてブラックリストに載った場合、任意整理の場合はおよそ5年、自己破産・民事再生の場合はおよそ10年が経過したら子供が住宅ローンを組むときに連帯保証人になれるということになります。

ただし、これには例外があり、ブラックの期間が過ぎていても審査に影響することがあります。

それは、ブラックとなったときに借りていた金融機関と関係の深い金融機関に申し込む場合です。

例えば、プロミスでの借金で金融事故を起こした場合、プロミスと関係の深い三井住友グループには情報が残っているので、ブラックの期間が過ぎても審査に通らないということが起こり得ます。

金融事故を起こした金融機関と関係のない金融機関に申込みをすることをお勧めします。

なお、借金関係でないならばブラックリストに載っていても問題なく連帯保証人になれるので、子供の賃貸アパートの連帯保証人になる場合などは問題ありません。

賃貸契約の審査では、普通は個人信用情報の照会は行なわれないからです。

 
ページの先頭へ▲
2015(C)長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング All rights reserved.