債務整理の手続きの流れと費用
長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング
HOME債務整理とは?メリットとデメリット ≫ 債務整理の手続きの流れと費用

債務整理の手続きの流れと費用

こちらのページは債務整理の手続きの流れと費用について解説しています。

債務整理の手続きの流れと費用

借金の返済が困難になってしまった場合には債務整理によって負担を軽減することが出来ます。

その際はまず無料相談に行くことをお薦めします。

いきなり有料相談や依頼することを前提で司法書士に相談に行くよりも、 債務整理の概要や自分の現在の状況ではどのような手段が最も最適か等おおまかにでも把握することが最初は重要です。

債務整理をすることになったらどの方法を選択するかを決めなければいけません。

債務整理には任意整理、民事再生、自己破産の方法があります。

任意整理の流れと必要書類

それぞれの方法は返済能力や資産状況などを勘案して選択します。

任意整理は司法書士に債権者との交渉を依頼します。

返済方法の見直しや利息制限法の上限金利を超えている利息を払っている場合には金利の見直しと過払い金の残債への充当などを交渉してもらいます。任意整理は裁判所を通さないので手続きが比較的簡単です。

必要書類は借入状況が分かる資料、確定申告書など収入の分かる資料、財産目録などが必要です。

民事再生の流れと必要書類

民事再生は裁判所を通じて債務を減額してもらう方法です。

債務を五分の一程度に減額して残債を3年での分割で支払って行きます。

任意整理はその後の返済が困難な場合に選ばれる方法です。

手続きは裁判所を通さなければいけませんので少し手間がかかります。

必要書類は裁判所への申立書、陳述書、財産目録、資産目録、借入状況が分かる資料、家計の収支が分かる資料などが必要です。

自己破産は裁判所で認められれば借金が全て免除されます。

しかし一定額以上の価値がある財産は手放さなければいけません。

自己破産の流れと必要書類

民事再生でも返済が出来ない場合は自己破産を選択することになります。

手続きは民事再生と同様に裁判所を通じて行います。

必要書類は申立書、陳述書、財産目録、借入状況が分かる資料、家計の収支が分かる資料などです。

手続きの流れはまず債権者の取り立てを止めてからスタートします。

その後は返済能力を考慮して返済計画を立て、裁判所に申し立てる流れになります。

自己破産の流れと必要書類

自己破産の流れと必要書類

司法書士への支払う費用は、債務整理の方法や債権者の数でも違ってきます。

任意整理は1社につき3万円ほどが相場です。

民事再生では総額30万円ほどの費用がかかります。

自己破産の場合は債権者の数が1社で15万円ほどが相場です。

それぞれ支払いは分割支払いも可能で、民事再生の場合は分割回数は6回くらいで自己破産の場合の分割回数は10回というケースが多いようです。

着手金は数万円必要な場合もありますが、着手金無しで引き受けてもらえる司法書士もいます。

また債務整理で借金を減額出来た場合に、減額させた金額の10%ほどを減額報酬として請求する司法書士もいます。

司法書士によって報酬額や必要となる手数料も異なりますので、依頼する場合は事前に費用のことはしっかりと説明をしてもらうことが重要です。

 
ページの先頭へ▲
2015(C)長野県の債務整理が出来る評判の事務所ランキング All rights reserved.